12345678910111213141516171819202122232425262728
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-04-05 (Tue)
**現在、乱数調整に関する質問・コメントは一切受け付けておりませんのでご了承ください**

乱数調整をやってみたいけどよくわからないし、ツールの使い方も分からない、という方に向けた記事です。
ツールの使い方さえ分かれば自分の好きな個体を検索できるのできちんと理解しておきましょう。

わたしはおひるごはんさんのPHSを使っていますのでPHSの説明をしていきます。
とってもわかりやすく使いやすいので、私はこれを主に使っています。
今の最新版は「PHS1.20β」です。おそらくこれ以上最新のPHSは出ないかなと思います。

乱数調整が苦手、嫌いという方はこの記事はスルーしてください。

チェリンボ乱数調整とは
ポケモンのゲームではゲームを始めたときにどこで何番目にどういうポケモンが出てくる、というのがすべて決まります。
乱数調整とは簡単に言うと、何番目にどのようなポケモンが出るのかを調べて、意図的に6vや色違いなどを出すことです。
事前にどのポケモンがどのタイミングで出るかが分かっているのでそのポケモンが出てくる直前まで進めていけば、本来なら苦労するはずの伝説の色違いなども簡単にゲットできてしまいます。
なので乱数調整を使って、自分の好みのポケモンを出すことが可能です。
改造とは違うの?という方もいらっしゃいますが、乱数調整はゲーム上の仕組みを利用するだけで、内部をいじったりするわけではないので改造とは違います。
ただ、本来偶然出てくる色違いや高個体値を意図的に出してしまうので乱数調整を好まない人がいるのも事実です。


チェリンボ乱数調整をするには
ツールで狙いの個体が出る初期SEEDを検索して、その初期SEEDに合わせた時間設定フレーム空白時間を除く)でゲームを起動します。
その後、狙いの初期SEEDが出せたら通常乱数か孵化乱数を消費して狙いの個体を出します。

色違いを乱数調整で出すには裏IDの特定が必要になります。

用語に関しては別の記事にまとめて解説をのせます

チェリンボPHSを使いこなそう
ツールはおひるごはんさんのPHSを使います。
主に使う項目についての解説をしておきます。

モンスターボール ミニ条件から検索
このパネルはよく使います。

使い道狙いの個体の初期SEEDを検索しましょう。

パネル解説「条件から検索」

①ここでどういうポケモンを狙うかを選択します。
伝説(シンクロ不可):徘徊ポケモンを乱数調整するときに使います。DPtならエムリットやクレセリアなどですね。
 徘徊ポケモンには特性「シンクロ」で性格を固定できません。
伝説(シンクロ可):固定シンボルを乱数調整するときに選択します。主にディアルガやパルキアなどの伝説や、谷間の発電所のフワンテ、あまい香りのする木などです。
野生:野生ポケモンを乱数調整するときに使います。別に出てくる「野生エンカウント」パネルの希望のポケモンにチェックを入れましょう。
孵化:孵化で個体値の乱数調整をするときに使います。性格や色違いなどは別のパネルで検索します。
配達員:イベントなどの配達員から受け取るポケモンの乱数調整するときに選択します。


②乱数調整するソフトを選択します。

③欲しい性格があるときはここで選択します。チェックを入れるのを忘れずにしてください。
逆に性格に希望がないときはチェックをはずせばいいです。

④特性「シンクロ」を使う場合にチェックを入れてください。

⑤ここで狙う個体値の範囲を選択します。
個体値の範囲が大きいほどいろいろ検索結果が引っかかると思います。
 
⑥めざめるパワーを覚えさせるつもりならここでタイプと威力を指定しておきます。
ただし?の個体値と矛盾していれば検索結果が出ませんので注意。


⑦乱数調整する日付を固定したい場合はここにその日付を指定します。
 その下の「DS開始時間表示」の部分は空白時間を設定すれば検索結果とともに待機時間(フレーム+空白時間)も計算してくれます。

⑧色違い狙いの場合はここにチェックを入れてロムのIDと裏IDを入力します。

⑨seedの消費数をの範囲を絞りたいときに指定します。
 4~4の用にすれば消費4の個体のみが検出されます。

⑩フレーム範囲を絞ります。
最低フレームはそのロムの最短フレームを入力しましょう。
大体HGSSなら490F、DPtなら600Fくらいです。

⑪検索とは関係ないですが、フレーム⇔秒の計算ができます。
結構便利です

赤いパネルの説明はこんな感じです。
主にこの赤パネルを使うことになると思います。


モンスターボール ミニ初期SEEDを検索
野生ポケモンや配達員のポケモンから初期SEEDを調べることができます。

使い道初期SEEDが一致していないときに、今どの初期SEEDが出ているのかを調べよう

このパネルを全然使わない人がいるのでもったいないですよ。乱数調整に失敗したらまずここで初期SEEDを調べましょう。
初期SEEDに失敗した時、DPtならリゾートエリア、HGSSならシロガネやま辺りで野生ポケモンを捕まえてこのパネルに入力してみてください。
伝説などを狙っているときはその伝説を捕まえて入力してもいいですし、配達員がポケモンを預かっている場合はレベルが高ければそれでもOKです

初期SEEDを検索

①続きから選択した大体の日時を入れましょう。
 分+秒は分からなかったら記入しなくてもいいです。

②捕まえたポケモンの詳細を入力します。
 配達員から受け取りのポケモンで調べる場合は「配達員」にチェックを入れます。

③個性は入れたほうがさらに絞ることができます。

④「~後までの乱数検索」はゲーム開始してから結構時間たってたらここを広げたほうがいいです。
 「~Fで出てくるポケモンを表示」これはフレームなので、もし1200Fとか1000以上のフレームの初期SEEDを狙ってるときはこの範囲を広げないと、結果が出ないです。これ忘れる人多いので注意ですよ。
大体はいじらなくても大丈夫なので、もし結果が出なかったらこの2つ確認しましょう。


モンスターボール ミニリスト作成
このパネルは初期SEEDごとに出現するポケモンのリスト見ることができます。

使い道赤いパネルの結果の消費数が78~100、のように範囲がある
       →狙いの個体が何番目に出現するかリストで調べよう
      初期SEEDはあってたけど目的の個体じゃないポケモンが出た
       →消費数がどのくらいずれてるのか確認しよう。
    
赤パネルで検索した時に。、消費数に範囲がある場合はその個体がその範囲に複数回出現するという事なので、リストで具体的に何番目に出現するのか調べてみましょう。
狙いの個体通りだったらどの消費数の個体を狙っても大丈夫です。

リスト作成

①調べたい初期SEEDを入力します。
 
②調べたいポケモンがどの分類なのか選択します。赤パネルと同じですね。

③ソフトが金銀ならチェックを入れ、それ以外ならチェックをはずしておきます。

④能力値で表示するのか、個体値で表示するのか選択します。
能力値の場合は上にポケモンの詳細を入力する必要があります。

⑤リストに何個目の個体まで表示するかです。
 消費が78~100などになってて、出現する個体を調べる場合は100まで出力をあげましょう。


モンスターボール ミニseed調査
赤パネルの次に使用率が高いと思います。
初期SEEDが合ってるかどうかコイントスや徘徊位置などで調べる時に、初期SEEDごとのリストを表示できます。
使い道狙いの初期SEEDを出せたかチェックするときにつかいましょう


seed調整


①調べたい初期SEEDを入力します。

②リストに表示する目的の前後の数を決めます。

③どの調べ方にするかを選択します。
 金銀徘徊:HGSSで徘徊の位置によって初期SEEDを判断する場合。
 金銀電話:HGSSでウツギ博士などの電話内容の順番で初期SEEDを判断する場合。
 コイントス:DPtでコイントスの裏表の順で判断する場合。

 初期SEED調査:目的の初期SEEDの前後の初期SEEDをリストにして、初期SEEDがどれになったか確認する場合。(主にこちらを使います)
 消費乱数調査:1つの初期SEEDの徘徊位置(電話・コイントス)の結果を表示する

④リストの表示に関してです。
 2刻みで出力:1つ飛びで表示します。フレームは2Fずつしか進まないので奇数か偶数かわかってたら余計な初期SEED分を省略できます。
 エンテイを先に処理:徘徊でライコウだけを倒して殿堂入りした場合はエンテイとライコウの結果が入れ替わるのでこれにチェックを入れます。
 分+秒が○ずれた分も表示:よくあるミスの1つである初期SEEDの上2桁ずれも表示します。

⑤金銀で徘徊位置でチェックする場合、いない徘徊のチェックをはずします。
 徘徊は同じ位置に連続しては来ないようになっているので、「除外する道」にセーブした時の徘徊位置を入力すると、その分も計算してくれます。

⑥ウツギ電話で初期SEEDを確認する場合、そのロムでポケルスにかかったことがなければ「ポケルス~」のチェックをはずしてください。


モンスターボール ミニタマゴ性格値
このパネルは孵化で爺前固定の乱数調整をするときに使用します。

使い道孵化で色違い・性格・特性・性別を乱数調整するときにつかいましょう

タマゴ性格値

①調べたい項目を選択します。
消費乱数:入力した初期SEEDから②の条件のポケモンが何番目に出現するかを調べます。
簡易リスト:入力した初期SEEDで出現する個体をリストにします。
初期SEED:②に入力した個体が出現する初期SEEDを検索します。

②狙いたい個体を入力します。
色違い狙いの時はIDと裏IDを入力し、国際孵化の場合は国際孵化にチェックを入れておきます。

③日にちを設定したい場合はここで指定します。

④乱数消費上限とフレームを設定します。
消費数は0にするとゲーム起動後最初につくったタマゴが希望の個体のタマゴになります。

⑤ここで空白時間を設定しておくと検索した時に待機時間などを計算してくれます。



これで主なパネルの説明を終わります。
用語の解説や詳しい乱数調整の仕方はまた次回説明したいと思います

ブログランキングに参加しています。
皆さんぜひポチっと応援してください。応援してくださるととっても嬉しいです♪

パチリス 右向き にほんブログ村 ゲームブログへ 色違いパチリス
スポンサーサイト
* Category : 乱数調整(DPt・HGSS)
* Trackback : (0) |

こんばんは。 * by yamakiyuuta1228
ヤフー知恵袋で「徘徊がいない状態で…」という質問していたものです。
分かりやすいご説明ありがとうございました。
ここには貼っていただいたリンクから来ました。
質問に補足したのでもしよければ、答えていただけないでしょうか?

Re: こんばんは。 * by テト
yamakiyuuta1228さん
こんばんは。
ブログへの訪問、そしてベストアンサーありがとうございます。
またわからないことなどありましたら知恵袋でもコメントでも大丈夫ですので聞いてください^^
お力になれればと思います♪

* by LEX
いっつも気になるんですが、検索して出てきた個体値のところが青だったり、赤だったり黒だったりするんですが、なんか意味があるんでしょうか?

LEXさんへ * by テト
こんばんは^^
リスト作成の孵化の時でしょうか??
そうであれば赤い個所は前親からの遺伝個所、青い個所は後親からの遺伝個所で、黒い部分は遺伝ではなく固定の個所という意味です。
両親の個体値を入力するパネルの「親を無視する」にチェックを入れてリストを出すとわかりやすいと思います^^

ダイヤモンドで乱数調整をしようと思うのですが * by tonbo
以前BWの乱数調整の際にこちらのサイト様のお世話になった者です。

それで今までは「難しそう」と言う理由からBW以前のverの乱数調整には手を付けていなかったのですが、この度無謀だとは思うのですが、長期計画でBW2では登場せず過去作から連れてくるしかない色違いの準伝説や”ギラティナ”等のBW2では夢特性の物しか入手できない伝説の高個体値のものを捕まえたいと考えこちらのサイト様で勉強させて頂こうと思い記事を拝見させて頂いております。

それで疑問が2点程沸いてきました。いずれも初歩的な質問ばかりで申し訳ないのですが、お時間の有る時で結構ですので回答頂ければ幸いです。

まず、1点目なのですが現在第一段階として空白時間について書かれてある用語のまとめの記事に記載されてあるリンク先のサイトの方法を用いて空白時間を調べようと考えているのですが、裏IDを調べる為に最終的にはゲームのデータを一旦削除して裏IDを調べようと考えております。
そこで質問なのですが、空白時間と言うのは一度調べればデータを消したりしても変わらないのでしょうか?

次に2点目なのですが、ポケモン用語のまとめの”奇数ズレ”と言う事について書かれて有る記事に対処策として
”GBAをWスロットするか、設定している年数を奇数年ずらせば解消する”
と書いて有りますが、これはWスロットをしておけば奇数ズレは起こらないと言う事なのでしょうか?

大変解かりにくい文章になってしまい申し訳ありませんが、回答頂ければ幸いです。










tonboさんへ * by テト
こんにちは^^
BW乱数を経験した後では旧作の乱数がきっととても大変でしょうね;
ご質問についてですがそれぞれ私がわかる範囲でお答えしていきますね。

空白時間について
初期化前後で空白時間が変わるかどうか私にはわからないです。いきなり役に立たずすみません。
ただBWと違って、初期SEED合わせに0.01秒単位での正確さが求められてきますのでなるべく乱数調整を行うデータの時に空白時間を計ったほうがいいかと思います。
初期化する前と比べて例え0.5秒しか違わなかったとしてもその0.5秒が後で大切になってきます。

奇数ずれについて
まず、フレームというのが2Fずつしか進みません。
これが重要です。
そして、ロムによって奇数フレームが出るか偶数フレームが出るか決まっています。
例えば私のソフトが偶数しか出ないものだったとします。
2,4,6,8,10…このように偶数で進んでいきます。
狙いの初期SEEDのフレームが99だとしたら私のソフトの場合「96.98.100…」ととび越えてしまいます。
どんなに頑張って近づけても98か100しか出ません。
つまり対処なしでは永遠に私は成功しない、ということです。これがフレームが奇数ずれて一致しない、ということで奇数ずれと呼ばれる現象です。
そこでWスロットですが、これはポケモンのソフトを挿しておくとフレームが+1されると考えてください。
つまり98のフレームを出せればこのWスロットの効果で+1され目標の99ピッタリにすることが出来るわけです。

狙いが99の場合はWスロットでたどり着くことが出来ました。
ご質問の「Wスロットしておけば奇数ずれは起こらないか」ということですが、では今度は狙いの初期SEEDのフレームが200だったらどうでしょう?
私のソフトは偶数フレームなので200を出すことが出来ます。
しかしWスロットしたままだと毎回+1されてしまうと考えると、せっかく200を出しても+1で201になってしまいます。
198だと+1で199…つまり200(偶数)が出なくなるんですね。

まとめるとWスロットは奇数ずれを解消する手段ではありますがいつでもどんなときでもWスロットしておけば心配無用!ということではないということです。
あくまで奇数ずれが起こった、あるいは起こりそうな時に使うといいと思います。
さっきの例でいうと、99のフレームの初期SEEDを使うときはWスロット、200のフレームの初期SEEDを使うときはWスロットしない、などということをメモしておくといいかもしれませんね^^
BWからの転向は大変かと思いますが頑張ってください!


有難う御座いました * by tonbo
丁寧な回答頂き有難う御座いました。空白時間はデータを削除してから調べる事にします。

奇数ズレの際のWスロットに関しては丁寧に説明頂いたお陰で理解出来ました。つまり使い分けが必要だと言う事ですよね? 

大変難しそうですが、一度実戦してみたいと思うので、早速データを消して御三家を受け取り裏IDを調べて
下準備を整えたいと思います。

兎に角根気良く説明を熟読して1つ1つ丁寧に理解しながら頑張っていきます。

この度は丁寧な回答頂き誠に有難う御座いました。


こんばんわ * by kagannbo
起動設定が分かりません
これはいじらなくていいんでしょうか?

tonboさんへ * by テト
こんばんは^^
奇数ずれ対策のWスロットは使い分けが大事です♪
奇数ずれが起きた時、または起きそうな場面でつかってみてください★
もうすでに取り組まれている頃かと思いますが頑張ってくださいね!

kagannboさんへ * by テト
こんばんは^^
軌道設定というのはPHSのですか?
PHS起動に当たっては特に設定とかはなかったと思います。
ただ使用するにはJavaのインストールが必要なのでインストールされていない場合はしてから起動ということになります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。