12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-03-29 (Tue)
今回はポケモンの個性(こせい)についての説明ですパチリス★


チェリンボポケモンの個性について
ポケモンには「ちょっぴりみえっぱり」や「まけずぎらい」など30種類の個性があります。
そのポケモンがどんな個性なのかというのは「強さを見る」でのステータス画面で確認できます。

個性というのはそのポケモンの一番高い個体値を5で割ったあまりと、その個体値がどの能力なのかで割り振られています。
5で割ったあまりというのは、14なら余り4、20なら余り0、31なら余り1、といった具合です。
イーブイを例にあげながら解説していきます。

例えばイーブイの個体値がこのような個体値だったとします。(HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さの順です。
イーブイ12-9-22-14-16-23
イーブイの個体値を見てみると素早さの個体値が一番高くて、その個体値が23です。23なら5で割ると余り3になります。
素早さがそのポケモン中で一番高い個体値で、素早さで、5で割った余りが3なのでこのイーブイの個性は『すこしおちょうしもの』になります。

個性を見ればどの能力の個体値が一番高いのかがわかります。
個性とその能力の個体値の関係を表にしてみました。
表には『5で割ったあまり』などと書かずにわかりやすく可能性のある個体値も書いておきました。


個性表
*表をわかりやすく書きなおしました。

一番高い個体値で同じ数値に物が複数あった場合はランダムで個性が決まります。
例えばHPと攻撃、素早さがVだった場合、個性は『ひるねをよくする』『あばれることがすき』『ものおとにびんかん』のどれかにランダムで決まるということです。


チェリンボ個性から個体値を判断して孵化厳選に役立てよう
先ほども書いた通り、個性は個体値の一番高いものによって決まります。
孵化厳選などでV持ちポケモンを厳選するときなどにこの個性が役に立ちます。

6つの能力のどれかにVがある場合、V(31)が個体値の中では最高値なので個性は 『ひるねをよくする』(HPがV) 『あばれることがすき』 (攻撃がV)、 『うたれづよい』 (防御がV)、 『イタズラがすき』 (特攻がV)、 『ちょっぴりみえっぱり』 (特防がV)、 『ものおとにびんかん』 (素早さがV)のどれかになります。
個性は30個もあると覚えるのが大変だと思います。でも個体値厳選をしていくのなら最低この6つの個性は覚えておくといいと思います。

孵化してみて上記にあげた6種の個性以外だった場合は少なくともVは1つもありませんので逃がすなりしておくといいと思います。
Vの可能性がある個性だった場合は取っておいて、後でまとめて個体値を調べるといいとおもいます。
個性を利用してだいたいの個体値を判断できるとVなし確定のポケモンまで個体値を調べなくても厳選の効率は上がると思います。

ただ注意が必要なのはあくまでVの可能性があるということです。
よく個性が「ものおとにびんかん」だから素早さはVですよね?という人がいますが、これらの個性が出たら必ずV持ちという事はありません。
個体値は31じゃなく、26などという事も考えられるわけです。
なのでDP以外のソフトならジャッジさんに見せて『最高の力』(Vが確定)と言われたポケモンだけ、詳しく個体値を調べるといいと思います。

また、例えば素早さVのポケモンを厳選していたとして、『ものおとにびんかん』だけがVの可能性があるとは限りません。
先ほども書いた通り、同じ最高値の個体値が複数あれば個性はランダムになります。
もちろん『ものおとにびんかん』ならば素早さVの可能性もありますが、『あばれることがすき』など他のVの可能性がある個性のポケモンも攻撃と素早さどちらもV、といったように素早さもVの可能性もあります。
なのである特定の能力のVを狙っていても他のVがある可能性の個性も見逃さないようにしましょう。

また、孵化厳選で欠かせないアイテムに『パワー系の道具』があります。
これは孵化についての記事でも詳しく書きますが、親の個体値を確実に遺伝させることができます。
なので素早さVの親にパワーアンクルを持たせて孵化したら、産まれたポケモンは100%素早さがVで産まれます。
この場合、最高個体値は必ずVなのでV持ち個性のどれかになることは確実です。
素早さのVを親から遺伝させているのに個性が『ひるねをよくする』だったら、少なくとも素早さとHP、どちらもVだという事が分かります。
詳しいことはジャッジさんに聞けば他のV箇所もわかるんですが、DPなどジャッジさんがいないソフトなどでは役に立つかなと思います。


以上で個性についての説明を終わります。
間違いに気づいたり、不明な点があれば気軽にコメントをくださいパチリス★


ブログランキングに参加しています。
皆さんぜひポチっと応援してください。応援してくれたらとっても嬉しいです~
ピチュー

にほんブログ村 ゲームブログへ
スポンサーサイト
* Category : 育成する前に
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by でゅえでゅえ
先日yahoo知恵袋で、
回答していただいた者です><
すごくわかりやすく
参考になります><

Re: タイトルなし * by テト
でゅえでゅえさん
コメントありがとうございます♪
こんなブログですが、少しでもお役に立てたらとても嬉しいです。
少しでも詳しく書こうと思ったら文字数が多くなっちゃって逆にわかりにくくなっちゃった部分もあるかもしれません;
これからもポケモンを中心に色々な記事を書いていこうと思ってるので、もしよかったらまた遊びに来てください^^
お互いに育成がんばりましょう♪

* by noah
もしかして個体値の特定の時には6vメタモン使っちゃいけなかったりしますか?

noahさんへ * by テト
こんにちは^^
孵化の時ですか??
6vメタモンを使ったほうがその子どもにVが入る可能性が高まるので使ったほうが個体値が高いポケモンが作りやすいですよ。

* by noah
本当にありがとうございます!

テトさんのおかげで6vメタモンもゲットできましたし卵乱数もできました!

あとは色違いだけです><

頑張ります^^

noahさんへ * by テト
こんにちは^^
6vメタモンも孵化乱数もうまくいったようでよかったですね♪
色違いもこの調子でファイトです!!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。